配色デザイン本が全国の書店で発売中!

【昭和・平成・令和】 100年の移り変わり! 年代別のデザインと広告の変化

1年生

今回は昭和・平成・令和の流行のデザインを見ていこうと思います!

昭和のデザイン

昭和は1926年12月25日から1989年1月7日までの期間です。

昭和の出来事として代表的なものは、1939年第二次世界大戦勃発、1946年日本国憲法施行、1958年東京タワー完成、1964年東京オリンピック開催などです。

そんな昭和のデザインがどんなものだったのか見ていきましょう!

昭和初期

1931年(昭和6年)腸胃カタル特効薬 ヘルプ

時事新報 漫画と読物 日曜附録レトロな昭和初期の広告

戦時中

1944年(昭和19年)東京都「何がなんでもカボチャを作れ」

アドミュージアム東京

戦後

1960年(昭和35年)ペプシコーラ

ジャパンアーカイブズ

昭和のデザインの特徴

日本で初めてカラーフィルムが発売されたのは1941年 (昭和16年)でした。

まだ写真の技術が発達していなかった時代なので、イラストを使用したデザインが多いです。

戦時中は、国民の士気を高める為のデザインが目立ちます。

一方、終戦後は「ペプシコーラ」など海外発の企業のポスターが増え、戦時中との違いをひしひしと感じる事ができます。

平成のデザイン

平成は1989年1月8日から2019年4月30日までの期間です。

平成の出来事として代表的なものは、1989年消費税スタート3%、1995年阪神・淡路大震災、2008年リーマン・ショック発生、2011年東日本大震災などです。

そんな平成のデザインはどんなものだったのでしょうか

平成初期

1993年(平成5年日清食品

日清グループ

1998年(平成10年Appleホームページ

http://web.archive.org/web/19980509035420/http://www.apple.com/

平成中期

2003年(平成15無印良品

無印良品

平成後期

2018年(平成30コメダ珈琲店

ネタとぴ

2018年(平成30恋は雨上がりのように

映画.com

平成のデザインの特徴

日本では、1993年(平成5年)にAdobeIllustrator5.0日本語版がリリースされ、デザインソフトを使ってデザインが作られるようになりました。

技術が進化したので、写真の画質は綺麗になり、合成や加工など今まで出来なかった技術が使えるようになった為、デザインの幅がグッと広がりしました。

また、Webデザインもこの時期から活発になりました。

令和のデザイン

令和は2019年5月1日から現在も続いています。

現在、記事を書いているのが2022年なのでまだ令和になって3年しかたっていません。

しかし、たった3年でもデザインは大きく変わっています。

3Dグラフィックス

ATMOS
https://www.welcometothehouseofgucci.com/
shapefest

令和のデザインの特徴

令和のデザインは平成からさらに進化して3Dが多く取り入れられるようになりました。

インパクトがあり、まだまだ新しい表現ですが、これからどんどん3Dを使ったデザインが増えていくと思われます。

まとめ

今回は、昭和・平成・令和の時代ごとに流行したデザインについてご紹介しました!

手書きから、デジタルになり、2Dから3Dになっている様子を見ると、デザインと時代は同じように進化しているのだなと感じました。

時代の流れに置いてかれないように、新しいものを吸収して成長していきたいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました